東京工業大学 社会工学専攻      
プログラム概要 ―目的

 ICTをはじめとする科学技術の急速な発展とグローバル化の進展は、莫大な富を生み出す一方で、貧困、長期失業、高齢者問題、環境問題など、さまざまな分野で深刻な問題を引き起こしています。先進国を中心とした温室効果ガスの大量排出によって、地球が今や深刻な環境問題に直面しているのも、その一例です。

  こうした問題を解決するために、革新的なアイディアに基づき持続可能な新しいシステムをつくり、社会イノベーションの実現に取り組んでいるのが、「社会起業家」たちです。社会工学専攻では、長年、学際的アプローチによる社会問題への取り組みを追求してきました。卒業生の中には、国内や海外で「社会イノベーション」に取り組んでいる人も少なくありません。

 国際的社会起業家養成プログラムは、この社会工学専攻の伝統を生かし、最高の理論と実践的なスキルを兼ね備えた国際的な社会起業家を養成することを目指しています。