東京工業大学 社会工学専攻      
社会起業家とは? ―その定義

 世界では今、「社会起業家」という新しい生き方が広がっています。

 環境保護、難民支援、医療サービス、紛争解決、人権擁護、教育など、さまざまな社会問題に取り組むには経済的、経営的に持続可能な、自立したシステム作りが不可欠です。こうした問題意識から、新しいアイディアに基づき、社会に貢献する革新的なシステムづくりに取り組んでいるのが、「社会起業家」と呼ばれる人たちです。

 東京工業大学では、実学の伝統を踏まえ、世界最高の理工系大学としての知識基盤をフルに活用し、フィールドワークと学際的アプローチにより「社会起業家」を輩出していこうと、新しい大学院教育プログラムを立ち上げました。この「国際的社会起業家養成プログラム」*は、実践力と理論を兼ね備えた国際的な社会起業家の育成を目指す、21世紀の新たな大学院プログラムです。また、現在、他専攻に在籍する留学生で、帰国後、社会起業家を目指したい学生も、このプログラムに参加することができます。

* 本プログラムは、日本学術振興会の平成19年度大学院教育改革支援プログラム に「実践・理論融合の国際的社会起業家養成プログラム」として採択されています。